絵心がなくても大丈夫!「ヘタ」が上手を超える!年度の終わりにお世話になった人へ感謝の気持ちを絵手紙で贈ろう

『新版 はじめての絵手紙百科』発売

株式会社主婦の友社は、3月2日(月)に『新版 はじめての絵手紙百科』を発売いたしました。

「絵手紙」とは、絵のある手紙のこと。手書きで、日常に身近にあるものや季節のものをかき、相手に一番伝えたいことを、短い文で添えます。

一見難しそうに見える絵手紙ですが、基本をおさえれば、実は簡単!しかも上手にかこうとなんてしなくていいんです。

絵心がなくったっていいんです。絵手紙のモットーは「ヘタでいい、ヘタがいい」。「ヘタ」こそ、最高の味わいなります。

本書は絵手紙初心者でも、すぐに描き始められるHOW TOが丁寧に解説。絵手紙の第一人者・小池邦夫さんと小池恭子さんの大人気シリーズに新たに”文字アレンジ”を加えて、バージョンアップしました。

文字をアレンジするとぐっと雰囲気のある仕上がりに!

今回の新版には、文字遊びのコツを新たに追加!

初心者でもすぐに始めやすい!基本は丁寧に解説

決まりはないけど、最初に基本をきちんと身につけることが、自分らしい絵手紙をかくための近道です!
はじめての人でもよくわかる丁寧な解説。

 

四季折々のモチーフや、言葉のみがき方がわかる作例約500点収録!

食べ物や静物、人物、風景などなど、四季折々の作例がずらりと並びます。
見るだけでヒントになる作例が満載です。

書誌情報

 

タイトル:新版 はじめての絵手紙百科
著者:小池邦夫・小池恭子
価格:本体1600円+税
B5変・200ページ
ISBN:978-4-07-441661-5
http://shufunotomo.hondana.jp/book/b498279.html

本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先
株式会社主婦の友社 広報・プロモーションユニット
TEL:03-5280-7577(直通)
pr★shufutomo.com (★を@に変換してお送りください)